2018年10~12月、ヤフオク!に出品して利益率が高かった商品を紹介します。
なお、落札金額は記載しません。また、1,000円以上の利益が得られた商品に限定します。

第3位

Apple iPod nano 第6世代 8GB


※画像はイメージ。

仕入先 リサイクルショップ
仕入価格 2,581円
利益 1,879円
利益率 37.6%

傷のない超美品でしたが、ずっと売れ残っていました。
タイミングよく値下げ+割引クーポンの利用で購入。100均にてUSBケーブルを別途購入。
iTunesにて音楽データを転送し、1日中再生して連続動作時間を計測しました。
Appleの商品は人気がありますが、傷の状態やバッテリーの劣化などで虚偽を記載する出品者も多く、入札も神経質になっている感じでした。
美品ということで送料別5,000円と高めに設定しましたが、入札される気配すらありませんでした。
結局、値下げ→送料無料となり、やっと落札された感じです。

第2位

ATI RADEON 9600XT搭載ビデオカード 128MB AGP仕様


※画像はイメージ。

仕入先 リサイクルショップ
仕入価格 324円
利益 1,504円
利益率 75.2%

「ジャンク」として購入しました。
AGP仕様なのでショップ所有のPCでは動作確認できず、「ジャンク」として販売した可能性大と判断しました。
たまたま保管していたAGP仕様のマザーボードやPCパーツを引っ張り出し、新規にWindowsXPをインストールしてAMDより最新ドライバーを入手して動作確認を行いました。
AGP仕様でそこそこのスペックのビデオカードは需要があるのか、出品してすぐに落札されました。

第1位

Nintendo ゲームキューブ ゲームボーイプレーヤー スタートアップディスク


※画像はイメージ。

仕入先 リサイクルショップ
仕入価格 108円
利益 1,263円
利益率 84.2%

田舎のリサイクルショップは、古いゲーム機のソフトはほとんど人気がないため、税込108円で売られている場合があります。
ヤフオク!のアプリで数少ないゲームキューブのタイトル名を片っ端から検索をかけたところ、ゲームボーイプレーヤー スタートアップディスクが1,500~2,000円前後で取引されていることがわかり、即購入しました。
傷が多いとディスクが読めない場合があるので、事前にゲームキューブ本体を入手する必要があります。
ディスクのみ取説なしのせいか、なかなか入札されませんでした。

今回、ヤフオク!に出品して利益率が高かった商品を紹介しました。
オークション相場は、需要と供給のマッチングで決まります。
数年前のNintendo Switchのように、例えば1台の供給に対して100人の需要があれば、そのうちの数人は1~2万円高くても欲しいという人が現れます。
その数人を相手にオークションを介して取引することで利益が得られるわけです。

「シンプル利益計算」はヤフオク・ラクマ・メルカリの利益計算を支援するアプリです。

ヤフオク・ラクマ・メルカリに出品する商品を仕入れる場合、仕入価格・希望落札価格・送料などを入力することで、どのくらいの利益が見込めるか計算することができます。
また、商品が落札された場合、実際の落札価格や送料などを入力することで、実際の利益を計算することができます。
バックアップ・リカバリー機能により、機種変更のデータ移行も可能です。
年・年月単位でCSVファイルを作成することができます。売上管理や仕入れ台帳とのデータ連携などスムーズに対応できます。

Playストアよりダウンロードできます。
Google Play で手に入れよう

ヤフオク!に出品して利益率が高かった商品とは?
Tagged on: