長年愛用してきたFILCO Majestouch MINILA JP68キー 赤軸(生産中止)ですが、入力ミスが多くなり、その原因がスイッチのヘタリと判断し、普段使わないキーのスイッチと交換してみました。
ちなみにMINILAは、Bluetooth接続のMINILA Airのみ販売されているようです。

FILCO Majestouch MINILA Air Cherry MXスイッチ赤軸 日本語配列カナなし Bluetooth3.0ワイヤレス接続 ダブル親指Fnキー配列コンパクトメカニカルキーボード 6キーロールオーバー ブラック FFBT68MRL/NB

新品価格
¥9,810から
(2019/8/26 01:00時点)


分解の注意点は、下図の赤枠にツメがあるので、マイナスドライバーなどを隙間に差し込んでツメをはずす必要があります。

スイッチをはずす方法は、はんだで固定されたピンの上に吸い取り線を置き、その上からはんだゴテを押しあてます。

ピンを差し込む穴が見えるまで、はんだを吸い取ります。
はんだゴテを長時間押しつけると、スイッチに熱が伝わって溶けて故障の原因になる場合があるので注意が必要です。

また、赤丸のようにピンが曲がっているので、はんだゴテをあてながら少しまっすぐに修正する必要があります。

マイナスドライバーなどで少しずつ動かしながらはずします。

これをひたすら繰り返します。

今回は、普段使わないキーのスイッチと交換しましたが、ダイヤテックオンラインショップからCHERRY MXスイッチ 赤軸 50個セットを3,000円+送料で購入して、主要なキーをすべて新品に交換した方が無難かもしれません。
面倒な方は、新品のキーボードを買った方が早いですね。ピンク軸が気になっています。

【Amazon.co.jp限定】FILCO Majestouch2 Camouflage-R TKL PGSセット 91日本語 MXピンク軸MechKB 迷彩柄 FKBN91MPS/NMR2-PGS

新品価格
¥13,085から
(2019/8/26 01:00時点)

FILCO Majestouch MINILA JP68キー 赤軸のスイッチを交換してみた
Tagged on: