書けなくなったボールペンを復活させるで紹介した約20年前に購入のZEBRA F-510の替え芯を購入し、書き味が変わるか確認してみました。


F-510の替え芯は、BR-1B-F-BKです。

ゼブラ 油性ボールペン替芯 F-0.7芯 黒 BR-1B-F-BK – 送料無料 メール便発送

価格:110円
(2019/11/12 16:00時点)


地元の老舗文具店に行ったところ、ZEBRAは昔よく売れたけど最近は売れないから在庫があるか・・・と言われましたが、在庫がありました。BR-1B-F-BKは税込110円でした。

開封すると、製造年月が1年前の2018年11月でした。

さっそく、書き味を確認してみました。
1999年7月のインクは、ボールが回っていない感じがしてスムーズに書けず、少しストレスを感じます。

2018年11月のインクに交換したところ、まったくの別物でした。
これが20年の技術の進化なのでしょうか?と言いたくなるくらいのスムーズさです。

前回書けなかったボールペンのインクの製造年月は、

PILOT REXGRIP 2008年1月
三菱鉛筆 uni JETSTREAM 2009年3月

でした。

お気に入りのボールペンをお使いの場合、ある程度の年数が経過したら、インクの残量に関係なく新しい替え芯に交換することをオススメします。

ZEBRA F-510もこれを機に、メインとして使い込みたいと思います・・・が、アルミボディでペン先にLEDライト搭載のライトライトが気になっています。

ゼブラ ライト付き油性ボールペン ライトライト 0.7 ダークブルー P-BA95-DB

新品価格
¥440から
(2019/11/12 16:00時点)

ボールペン ZEBRA F-510 を復活させる
Tagged on: