20160121

アプリ情報サイトでおなじみの「Appliv(アプリヴ)」様にFX収支管理、ギャンブル収支管理を紹介していただいたおかげで、ユーザー数が約4倍近く増加しました。
それ伴い広告のインプレッション数やクリック数も増え、やっと収益の目処が立つと思いきや、報酬額が突然のダウン。
1クリック9~10円だった単価が0~4円に下げられ、サイト掲載前の報酬額を下回る結果に・・・
さらにクリック数も徐々に減少傾向・・・

nendに問い合わせしたところ、インプレッション数が増えた際に適正の単価(コンバージョン率が悪い)に精査され、その結果、低単価になったとのこと。
言い換えれば、クリック数は多いがインプレッション数が少ない=操作中に誤って広告をクリックさせるアプリと判断されたということでしょう。
また、実際に表示される広告を見ると、ほとんど同じ広告しか配信されていません。
そのため、クリック数を増やしたくてもこれでは減少するだけです。

下図を見れば一目瞭然です。
競馬開催日ごとにインプレッション数は増えますが、クリック数と報酬額は減る一方です。
たった一日の結果で単価を半分以下に切り下げる、これが現実です。
あまりにも酷いため、2月からAdMobに切り替えようかと思っています。
1/26追記
単価の低い?同じ広告が何度も表示されるようです。
競馬開催日のインプレッション数に対して、クリック数が激減しました。
早めに切り替えたいところですが、Monacaで扱える広告が限られているため、しばらくこのまま使用する予定です。

インプレッション数
2016012101

クリック数
2016012102

報酬額
2016012103

nend広告の単価が下がる理由
Tagged on: