先日、Googleより以下のメールが届きました。

2020 年 11 月 2 日以降に Google Play で配信しているアプリおよびゲームを更新する場合、Android 10(API レベル 29)以上をターゲットとすることが必須となりますので改めてご連絡いたします。
APK をアップロードする際は、Google Play の対象 API レベルの要件を満たしている必要があります。
2020 年 11 月 2 日以降、Google Play Console から targetSdkVersion が 29 未満である新規の App Bundle や APK は送信できなくなります。ただし、Wear OS アプリには API レベル 29 を必須とする要件は適用されません。また、Google Play ストアの既存の掲載情報には影響しません。
– 以下省略 –

現在開発中のアプリのtargetSdkVersion28から29に変更し、Android 10の端末でデバッグを行ったところ、画像データにアクセスできなくなりました。

今回はその対処方法を紹介します。

以下のサイトに詳細が記載されています。

Android 10 以降をターゲットにしている場合は、アプリのマニフェスト ファイル内で requestLegacyExternalStorage の値を true に設定します。

config.xmlに以下の内容を追記します。
※ファイルアクセスを行わないアプリに追記すると、Google Playのポリシー違反になるので注意が必要です。
2020/09/05、Google Playのポリシー違反は別件でした。

【Cordova】targetSdkVersionを29に変更すると画像ファイルにアクセスできなくなる場合の対処方法
Tagged on: