Monacaで開発したAndroidアプリの広告に、nend、i-mobile、Ad Generationのアドネットワークを利用している。
7月1日~29日までのインプレッション数、クリック数、報酬額を比較してみた。

2016073001

まずはi-mobile。
クリック数は高いが報酬額はかなり低いことがわかる。
例えば、11日はAd Generationとクリック数がほぼ同じに対し、報酬額は約1/4だ。
在庫切れなのか出会い系が多く表示される傾向があり、フィルタをかけると楽天カードが表示される。
平均クリック数7.7、平均単価3.6円と不満が残る。

次にAd Generation。
こちらはその日その日でばらつきがありすぎる。
クリック数がゼロの日もある。
Ad Generationは複数のアドネットワーク(ADPRESSO、Zucksなど)の配信比率を変更することができるが、おそらく在庫切れで同じ広告が表示されている可能性が高い。
平均クリック数4.1、平均単価7.7円と単価についてはまずまずか。

最後にnend。
1クリック0.15円などあまりにも単価が低すぎるため、7月10日~14日に配信を停止し、一部アプリは15日からバナー広告からネイティブアド広告に移行を行っている。
ネイティブアド広告は新規の単価が9円ということもあり、後半から巻き返しが見られた。
未対応のアプリも早めにネイティブアド広告に切り替えたい。
平均クリック数3.8、平均単価6.3円、2週間に限定すると平均クリック数5.5、平均単価7.5円。

i-mobileは、クリック数は稼げるが低すぎる単価が残念だ。
ただ、ほかが稼げない日でも稼いでくれるし、単価15円の日もあり、その点は捨てがたい。
Ad Generationは、アドネットワークの配信比率を調整してどう変わってくるか。
nendは、ネイティブアド広告に救われた感じ。
このあと低単価に切り替わったら、また新規で広告を貼り直すか、完全に切り捨てるか。

AndCが2016年8月にアドネットワークのサービスを終了するとのこと。
appCも4月に終了しているし、今後も撤退する業者が増えることが予想され、新たな収益化を考えた方がよさそうだ。

一長一短!アドネットワーク比較
Tagged on: