JavaScript + Onsen UI V2版はこちら。

※Onsen UI + AngularJSを使用。

ons-navigatorpushPage()popPage()を利用すれば、次画面に進み、前画面に戻ることが実現できる。
しかし、次画面で選択したデータを前画面に渡す方法は記載がない。
$rootScope.$broadcast()を利用して親コントローラ(page1Controller)にデータを渡し、$scope.$on()で受け取ればよい。

AngularJSについて学びたい方は、こちらの本をオススメする。

AngularJS アプリケーションプログラミング

新品価格
¥3,996から


Page1で「ここをタップ」をタップし、Page2で「1000」をタップすると、Page1に戻り「1000」と表示される。
2983291e-9b3c-42cf-b5bc-8094b371f7c9 4c4aee94-6c9d-419f-8ca4-138286fd7463 7693ddf9-229c-4d9f-8b0a-642ccabe47f2

【Monaca】Onsen UI 選択したデータを前画面に渡す
Tagged on: