これまでMonacaの開発環境を利用して、Android版「FX収支管理」「ギャンブル収支管理」「シンプル体重管理」「ナンバーズサーチ」の計4タイトルのアプリをリリースしたが、達成感に浸っている暇はない。

例えば、アプリ内のデータをバックアップする方法として、「Dropbox Datastore API」という便利なサービスを利用し、必死に仕様を調査して実装までたどり着いた。
しかし、2016年4月に「Deprecating the Sync and Datastore APIs」サービスを終了するお知らせが・・・
この機能を実装するまで、当時のMonacaのInAppBrowserプラグインの問題なども含めて1ヵ月近くの時間を要したわけだが、半年後には使えなくなるという自体に。
対応策を考え、Google Driveにバックアップする方法を選択し、必死に仕様を調査して実装までたどり着いた。

しかし、2017年4月に「ネイティブ アプリのOAuthインタラクションを最新にしてユーザビリティとセキュリティを向上する」WebViewでのGoogleへのOAuthリクエストのサポート終了するお知らせが・・・

一難去ってまた一難である。
Google Driveにアクセスする前にInAppBrowserを介してオーソライズを行っているが、それができなくなるということだ。
まだ4ヵ月あるとはいえ、早々に対応しておかないと身動きが取れなくなる。

アプリをリリースしても、不具合やユーザーの要望に加え、こうしたサービス終了に伴う問題など、なかなか放置できないのが現状である。

【Monaca】アプリリリース後の問題について
Tagged on: